👇【詳細記事・画像・動画】
 

世界的アクションスターのジャッキー・チェン主演最新作『THE FOREIGNER』(原題)。邦題を『ザ・フォーリナー/復讐者』として、5月3日(金・祝)より新宿ピカデリー他にて、全国公開となります。

主演は、『ラッシュアワー』シリーズや『ベスト・キッド』など大ヒット作を多数有し、2016年にはアカデミー賞名誉賞を受賞した、全世界が誇るアクションスターのジャッキー・チェン。共演には、『007/トゥモロー・ネバー・ダイ』でジェームズ・ボンドを演じたピアース・ブロスナンが名を連ね、まさにジャッキーVS007とも言える布陣で、ハリウッドレジェンドの真っ向対決が実現!


そんな本作のメガホンをとったのは、007シリーズの中でも最高傑作との呼び声の高い2作品、『007/ゴールデンアイ』『007/カジノ・ロワイヤル』を手掛け、ブロスナンとダニエル・クレイグのボンド襲名を請け負った手腕を持つ名匠・マーティン・キャンベル監督。脚本は、『エネミー・オブ・アメリカ』、『ダイ・ハード4.0』のデヴィッド・マルコーニ。音楽は、『ドライヴ』や『オンリー・ゴッド』のアンビエントなサウンドで一躍脚光を浴びたクリフ・マルティネスが務めるという、まさにアクション映画ファンが夢に見たクオリティ完全保障のスタイリッシュ・サスペンスアクションが誕生しました。


この度、ジャッキー・チェン(クァン・ノン・ミン)が身近なモノを使用し、”俺ジナルな自作爆弾”を作る本編映像が解禁に! 解禁された映像では、警察に出向いたものの、無差別テロを起こした犯人の情報に進展のなかったことに苛立ったクァンが、情報を握っていると信じている北アイルランド副首相であるリーアム・ヘネシー(ピアース・ブロスナン)の元へ訪れた際のシーン。クァンがヘネシーへ圧力をかけるため、持参したビニール袋を手にトイレに行き、瓶に入った酒、タバコ、紐を器用に組み合わせ、爆弾を自作する映像が収められています。さらにタバコの長さを利用し、時限爆弾に仕立て上げるという、特殊部隊で培ってきたであろう”匠の技”は、男ならワクワクすること間違いなし!クァンは爆弾をトイレにセットし、自分の車に戻るたどたどしい後ろ姿からは想像できないような特殊テクニックを披露している。そして、トイレを炎で包み込む爆発の衝撃は、ヘネシーのオフィスまで届き、彼らの戦いの火蓋が切って落とされることとなるのです。

<本編映像>

このシーンに関してジャッキーは、「クァンがしたのは、些細なこと――小さな爆弾をヘネシーのオフィスと車にしかけ、どちらも人の命を奪えないほどの規模のものだった――だが、ヘネシーは分かっていた。クァンは実行しないだけで、ヘネシーの家族を皆殺しにするのは、彼にとって容易いことなのだ」、「クァンは、犯人の名前を知りたいだけなんだ。復讐を遂げるまであきらめない、というクァンの意志は強かった」と苛立ちが高まるにつれて、それまでに隠されていたクァンの能力が明らかになっていくことについて、コメントしています。


そんな娘の死に対する復讐のためならどんなことでもする男、に変わっていく復讐者と化したジャッキーを是非スクリーンでお楽しみください!