👇【詳細記事・画像・動画】
渋谷
(Pom669/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

渋谷のスクランブル交差点の真ん中にベッドを置き、そのうえに寝るという動画が物議を醸している人気ユーチューバー「ジョーブログ」のジョー。

動画の公開から10日ほど経った8日、警視庁渋谷署が道交法違反の疑いもあるとみて捜査していることが判明し、ネット上で大きな注目を集めている。

■渋谷の交差点で寝る

未見の人のために解説すると、動画はスクランブル交差点で、ジョーがベッドに4人の仲間が持ち上げて中心部まで走り、そこに置いて放置するというもの。

ジョーが人気ユーチューバーのせいか、はたまたスクランブル交差点のど真ん中で人が眠っているという光景がおかしかったのか、周囲にはすぐに人が集まり、大混雑。通行に支障をきたした。

なお、動画内では「異様な写メ会が始まる」などとテロップが入り、面白おかしく自分たちの行動を解説している。

■批判の嵐

公開直後から物議を醸した今回の動画。テレビで報じられたことも影響し、9日11時現在、高評価が4773件なのに対し、低評価は3.6万件超え。

コメント欄でも迷惑行為だと指摘する声や、「単純に面白くない」など、厳しい声が相次いでいる。

「これだから『YouTuberは…』って冷たい目で見られるんだよ」

「自由の意味履き違えすぎ。子供も見てる場で恥ずかしくないのかな???」

「迷惑迷惑じゃないの前に単純におもろないわ」

「えぇ….ここまでひどくなってたんか…登録解除します」

■留置所で寝ることに……?

ところで交差点での迷惑行為と言えば、昨年2月に京都市左京区の百万遍交差点にて、京都大学院生の男(31)らがこたつを置いて座り込み、京都府警に道交法違反(道路における禁止行為)の疑いで逮捕された一件が記憶に新しい。

ベッドとこたつに、法的な意味でどんな差があるのかは不明だが、これを考えるとジョーが逮捕される可能性も十分にあるだろう。

その結果、ネット上では「これからは警察署で寝てるね!」「次回、署内でガチベッドで寝てみた」などの声も出ている。

(文/しらべぇ編集部・尾道えぐ美)

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

そろそろ規制が必要なのでは?


人気・・・?


問題のゆーちゅーばーか 

こういう事ばっかりやってるから規制が厳しくなるんじゃないの?


馬鹿が作って馬鹿が見る


人気の定義がもう理解が追い付かなくなりつつある


警察に逮捕されて前科者となり、今後も多くの人達から後ろ指を指されたり白い目で見られるという憂き目に遭えばいいよ。あと、つべの運営もそろそろ迷惑行為をするYouTuberを規制するなり取り締まるなどの対処を考えるべき。


広告料の支払い停止、ユーザーアカウントの再登録禁止、ブランドの信用を落としたことに対しての罰則金の徴収。これをワンセットとしてペナルティ与えてもいいんじゃねぇかな。


何故ここで「トリックオアトリート!」って叫びながらベッド横転させないのか、俺だったらこの絶好球見逃さないぜ!


昔はこの手の行為はニコニコ生放送でしていた。でもニコニコだと簡単に特定されて捕まるし、配信するにも色々と資金居る。YouTubeなら管理が外国で配信自体無料だから、そして日本警察が本部へ調査依頼しても無視されるから、動画上げる奴らは捕まらない自信でもあるのだろう。


交差点でこたつで逮捕された京大院生の二番煎じ。全然面白くないよ。


しらべぇの記事のタイトルって、まともな日本人社会人が付けたものと思えないな。そのへんの中学生が書いたようなタイトル。稚拙。


樹海の外国人YouTuberの時も言ったが、YouTuberのシステムは本気で国会に取り上げるべきだと思う。これからの未来を考えるとYouTuberのシステムは日本だけじゃなく世界まで蝕むのは想像に難くない。全然大袈裟じゃない事だと思うんだがねぇ…


まあこういう所で先陣を切れないのが、日本人の弱腰を良く表してると思うね