👇【詳細記事・画像】

今季、J1磐田に加入したFWロドリゲス 母国紙取材でJリーグや日本について言及

 J1ジュビロ磐田のルクセンブルク代表FWロドリゲスが、母国紙「Le Quotidien」のインタビューに応じ、Jリーグや日本の印象について語った。今季からJリーグでプレーする23歳の若き海外助っ人の目に、果たして異国の地はどう映っているのだろうか。

「こんなに人々が礼儀正しい国は見たことがない」

 今季、ルクセンブルク国籍の選手として初めてのJリーグでプレーしているロドリゲスは、日本人の礼儀正しさに驚きを隠せないようだ。1月下旬に来日し、新天地で2カ月余りが経過したなか、「人々は僕に“ありがとうございます”と何百回も言ってくれるんだ」と対応の良さに目を見張っている。

 母国エスペランジュでプロとしてのキャリアをスタートさせたロドリゲスは、その後、国内3クラブでプレーし、2017-18シーズンにオランダ2部SCテルスター、18年にモルドバのシュリフ・ティラスポリに在籍。今季から磐田に加入すると、開幕からスタメンに名を連ね、第4節を終えて3試合に出場している。

 ポルトガル生まれのロドリゲスだが幼少期にルクセンブルクへ渡り、オランダやモルドバでの生活も経験している。これまでも異文化に触れてきたが、それでも日本文化は新たな体験だったようだ。「人の家に入った時には靴を脱ぐ。それは敬意の問題でもある。僕は家では自由にしているけどね(笑)」と明かしている。

日本サッカーに驚嘆 「日本人はすごくよく走るし、彼らは止まらないんだ」

 3月の欧州予選でルクセンブルク代表として招集されたロドリゲスは、22日のリトアニア戦(2-1)で決勝ゴールを挙げた一方、25日の同ウクライナ戦(1-2)では痛恨のオウンゴールを献上。悲喜こもごもの結果となったが、日本での生活に満足しているようだ。

「ここは素晴らしい場所だよ。多くの人がスタジアムに駆けつけてくれる。今、経験している以上のことなんて何も望まないよ。これこそ本当のサッカーだ。日本人はすごくよく走るし、彼らは止まらないんだ。でも、僕もそれに倣わないとね。そうしないとプレーできない。シンプルだよ」

 期待の新戦力として活躍が期待されるロドリゲス。磐田ではここまでノーゴールにとどまっているものの、Jリーグ初ゴールが待たれている。本拠地で行われる30日の第5節鹿島アントラーズ戦で待望の一撃が生まれるだろうか。(Football ZONE web編集部)
今季ジュビロ磐田に加入したルクセンブルク代表FWロドリゲス
【写真:Getty Images】

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

止まるんじゃねえぞ…


止まるんじゃねえぞ……と言おうとしたら先に言われてた


最近思うけど礼儀に関しては日本人が優れているのではなく他が酷すぎるだけなんじゃ・・ってw


↑まぁ、よその人によそ行きの対応が出来るだけ相対的にマシかもしれない。よそ行きの対応過ぎてよそよそしいと思われるかもだが


外人のこういう評価を見るたびにお前の国は北斗の拳の世界かと思ってしまう


日本人から見た海外も世紀末見たいなもんやしお互いさまやろ?


海外はサッカー場で暴動とか日常茶飯事、試合に負けると殺されることもあるし、日本は平和に見えるでしょうなあ


日本人って外国人から見たら、常にニヤニヤヘコヘコしてて気持ち悪いみたいだね。日本語は抑揚が少ないってのもあるだろうけど。


でも日本語しか喋りませんよ?


あんまり褒めると調子こくからほどほどにしてくれ


よく走る割に弱いんですか?


そこで見習わないとと言える。家では好きにしてると言える。うむ、この選手はバランス感覚に優れているな。


俺は止まらねぇからよ...


んでもイニエスタとかは、日本人は常時全力を出していて息の抜き方を知らない、もっと緩急をつけるべき、みたいに言ってたな。まぁいろいろ流儀もあるんだろう