👇【詳細記事・画像】

フランスの高級車メーカー、ブガッティは3月5日(現地時間)、ジュネーブ国際モーターショー2019で1台だけの超特別車「ラ ヴォワチュール ノワール」を披露しました。

  ラ ヴォワチュール ノワールは、ブガッティ創業110年を記念した特別なワンオフカーとして製造されたもの。「黒いクルマ」という意味です。販売価格は1100万ユーロ、日本円換算で約14億円(!)です。ブガッティは、自動車史上最も高額な新型車と述べています。


 ラ ヴォワチュール ノワールは、ブガッティが第二次世界大戦前に製造した「タイプ57 SC アトランティーク」をモチーフにしています。当時、世界で最も美しいクルマと評されたクーペで、伝説の車種。デザインとともに走行性能もすさまじく、時速200キロ以上の最高速度を実現したそうです。1930年代というとまだ馬車や蒸気機関が使われていた時代。地上を走る乗り物の中では、群を抜く速さでした。

 ラ ヴォワチュール ノワールは、圧倒される性能、デザイン、特別感……まさに現代のタイプ57です。ブラックのカーボンファイバーによって作られた車体は、ため息が出るほどの気品にあふれています。そして、タイプ57の特徴でもあるボディーラインの中央をスッーと通る“トサカ”のような造形をラインで再現。見ているだけでうっとりしてしまう迫力があります。

 もちろん走行性能も世界最高クラスです。8リッターW16気筒エンジンによって、最大1500馬力、最大トルク約163.15kgf-m(1600Nm)とバケモノのような出力を発揮します。

 デザイン、性能、そして値段と何もかもが桁違いなスーパーカーですが、既に熱狂的なブガッティファンによって購入が決まっています。

(出典 news.nicovideo.jp)