👇【詳細記事・画像】

菊池はレッズ・ボットをK斬り!2回29球1K1安打2失点自責0



オープン戦初登板を果たしたマリナーズ・菊池雄星【写真:AP】

 西武からポスティングシステムを利用してマリナーズへ移籍した菊池雄星投手が25日(日本時間26日)、米アリゾナ州ピオリアで行われたレッズ戦でオープン戦初登板した。初回を13球で3者凡退。2回は味方の失策に泣かされたものの、2回1安打2失点(自責0)に抑えた。直球は最速153キロをマーク。上々のデビューを飾った。チームは11-3で大勝し、菊池は“メジャー初勝利”を挙げた。

 花巻東から憧れたメジャー舞台。菊池は「メジャーの打者を感じられたのは一番の収穫」と振り返ったが、敵軍の打者や同僚はどう見たのか。初回1死で対戦した10年MVPで通算269本塁打のボットは、こう印象を語った。

「多くの可能性を感じる。時間と経験がそれを最大限に引き上げてくれるだろう」

 メジャー屈指の強打者には2ボールとカウントを崩したが、内角へのカーブで空振り三振に仕留めた。ボットは興奮気味に振り返った。

「オー、マイ、ガッシュ! すごい良いカーブだった。ちょっと驚いたけどね。今のリーグでは、ああいう軌道のカーブを投げる左投手が少ない。ドジャーズの柳、クレイトン・カーショウ、あとは何人か左でも、あんな伝統的なカーブを投げる投手がいるかも知れないけど、とにかく可能性を感じた。(カーブがベスト?)間違いない」

 ボットはスプリングトレーニングでは相手投手がどんな球種を投げるかは見ないという。それでも、大きな軌道を描くカーブは脅威と感じたようだ。

「ブルペンを見みながら、どんな球を投げるのか推測するしかない。ビデオを見たり、リポートを見たほうが簡単だけど。今回の彼との対戦は新しい経験だったけど、やはり、何を投げるのかわからない投手と対戦するのは、好きじゃないね。特に、あんなに良いカーブを投げる投手とはね」

 昨季打率.283、34本塁打、104打点をマークした5番・スアレスも警戒心を強めた。2回先頭でフルカウントから四球で歩いたが、直球、カットボール、スライダーと多くの球種を体験した。

「どんな球種でもストライクが投げられる。カッターが良かったし、スライダーも良かった。真っすぐもキレがあった。94、95マイルは出ていたかな? いい印象を持った」

 菊池とバッテリーを組んだ捕手のナルバエズも上々のオープン戦デビューに目を細めた。

「自分の考えでは、良かったと思う。制球が良かったが、特にカーブをしっかり制球できていた。スライダーも良かったと思う。まだ、キャンプ序盤だからなんとも言えないけど、良くなっていくと思う。ナーバスには見えなかった。彼はストライクゾーンを積極的に攻めていた」

 初回と2回のイニング間には菊池と投球談義。1月の入団会見で披露した英語力を駆使して、通訳なしでコミュニケーションを図った。

「僕が言っていることは理解できていると思う。今日は、あまり通訳が必要なかった。そんなに心配していない。彼は、ちゃんと理解していたし、彼の考えも話してくれた」

 登板後、菊池は「まだまだカーブが抜けたりとか、スライダーが決めたい時に抜けてしまうことが多い。真っ直ぐに関しては納得のできるものが出てきた。あとは変化球の精度、甘い球は見逃してくれないと感じました。もう1回細かいところを詰めていければ」と前を向いた。メジャーデビューが期待される3月20、21日のアスレチックスとの日本開幕戦(東京ドーム)へ上々のスタートを切ったのは間違いなさそうだ。(木崎英夫 / Hideo Kizaki)



レッズ戦でオープン戦初登板したマリナーズ・菊池雄星【写真:Getty Images】

(出典 news.nicovideo.jp)