👇【詳細記事・画像】
 
 プライベートでは年商200億円の大金持ちの新恋人とのラブラブの日々。仕事では3人のイケメンに囲まれハーレム状態。女優の深田恭子(36)が人生最高の時を迎えている。

 「新恋人の『シーラホールディングス』会長・杉本宏之氏(41)との熱愛報道に所属事務所からは否定のコメントが出ましたが、2人は今もラブラブで、すでに結婚の合意もできているともっぱら。芸能マスコミの間では3月結婚情報が飛び交っており、取材合戦が繰り広げられています」(芸能記者)

 そんな幸せの絶頂にある深キョン。現在、放送中の主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)の評判も上々で、公私ともに充実しまくっているのだ。

 「人生崖っぷちのアラサー塾講師の深キョンが、中村倫也、永山絢斗、横浜流星という、注目のイケメン俳優3人に迫られるという物語。突然のモテ期到来に戸惑う演技が可愛らしく、話題を集めているんです」(テレビ雑誌ドラマ担当)

 どこを見てもイケメンだらけで、まるで“深キョンの接待か”という撮影現場が、本人も楽しくて仕方がない様子だという。

 「2月5日に放送された第4話では、ギックリ腰になってしまった深キョンを介抱した横浜に『俺にもご褒美ください』と迫られ、体を寄せる横浜の頭をナデナデしてあげるシーンが羨ましいと話題になりました。戸惑いの演技をする深キョンですが、現場はノリノリで、アングルや撫で方などを何度もリハーサルで実演。胸の谷間を目の前に、さすがの横浜も大テレだったそうです」(ドラマ関係者)

 そんな日々に、深キョンのフェロモンが、さらに増し増し状態になっているというのだ。
「イケメンに迫られる毎日に、女性ホルモンも活性化しているのでしょう。タイトな撮影スケジュールにも関わらず、回を追うごとにお肌が明らかにプリンプリンになってきているんです。しかも、胸の谷間を揺らしながら歩く姿が妖艶すぎて、至近距離で接するドラマの技術スタッフたちからは、『おっぱいも大きくなっている気がします』という声も聞こえてきます」(同)

 美貌もボディーもお色気も、本人史上最強の状態にあることは、どうやら間違いない様子。そんな深キョンを独り占めすることになる杉本氏がなんとも憎いが、今後とも、映画やドラマでの“おすそ分け”を、どうかお願いいたします。

(出典 news.nicovideo.jp)