👇【詳細記事・画像】

逆転V飾った紀平をウォン記者が称賛

フィギュアスケートの四大陸選手権は8日(日本時間9日)、女子のフリーが行われ、グランプリ(GP)ファイナル女王でショートプログラム(SP)5位の紀平梨花(関大KFSC)は153.41点、合計221.99点で逆転優勝を飾った。SPでの5点差をひっくり返し、2位に14.53点差をつける圧巻の逆転劇に米の名物記者も大興奮。「史上稀に見るクイーンの復活」とたたえている。

 この16歳の精神力の強さは一体どこから来るのだろうか。左手薬指に故障を抱えながらも、紀平が圧巻の演技を披露した。冒頭のトリプルアクセルを綺麗に決めると、続くジャンプはトリプルアクセルの予定をダブルアクセル―3回転トウループのコンビネーションに変更し、これも見事に降りた。

 後半もジャンプをしっかりと決め、全体を通してミスのない演技。スピン、ステップでも加点を得て、ファンから何度も喝采を浴びた。滑り切ると、最後はガッツポーズ。満面の笑みで浜田美栄コーチとハグ。見事な逆転劇を完結させた。

 全日本選手権こそ2位だったが、国際大会はこれで5連勝。見事な女王ぶりに、米のジャッキー・ウォン記者もツイッターで興奮気味に称賛している。

米記者は絶叫「クィィィィィィィィィーーーーーーーーン」

 冒頭のトリプルアクセルを決めると「トリプル・アクセル クィィィィィィィィィーーーーーーーーン」と興奮のツイート。そして演技を終えると、「リカ・キヒラのフリースケート。史上稀に見るクイーンの復活」とつづり、さらに「いまだ無敵ではないが、非常に困難な相手となるだろう」と更なる成長の可能性も指摘している。

 平昌五輪金メダリストのアリーナ・ザギトワらロシア勢が不在だった今大会。埼玉で行われる世界選手権(3月)は堂々の日本のエースとして、迎え撃つことになる。(THE ANSWER編集部)

圧巻の逆転劇を見せた紀平梨花【写真:AP】

(出典 news.nicovideo.jp)