(出典 dol.ismcdn.jp)
👇【詳細記事】

「本業に集中します。チャレンジは続きます。必ず結果を出します。しばらくTwitterはお休みさせてください」――ZOZOの前澤友作社長が2月7日、Twitterにそう投稿した。1月上旬には、個人で「100万円を100人にプレゼントする」という企画をぶち上げるなど、Twitter上での発言で話題を集めてきた前澤社長だが、業績不振を受け、ネット上では「社業に集中してほしい」といった批判も出ていた。

【午後2時すぎ、株価が急反発】

これまで前澤社長は、Twitter上でプロ野球球団の所有を目指すと表明し、意見を募集(その後断念)した他、1月には「総額1億円のお年玉」企画を発表し、フォロワー数を伸ばした。2月7日現在、フォロワー数は約488万人。

しかし1月末、ZOZOが2019年3月期(18年4月~19年3月)の連結業績予想を下方修正。「株主の皆さま、申し訳ございません」という前澤社長のツイートに対し、応援する声と批判的な声が両方上がっていた。

こうした中、前澤社長は7日午後2時すぎに「必ず結果を出します。しばらくTwitterをお休みさせてください」とツイート。その直後からZOZOの株価が急反発した。午後2時ごろは1700円弱だったが、午後2時45分ごろには1853円にまで上昇した。


前澤社長のTwitterより
(出典 news.nicovideo.jp)