👇【詳細記事・画像・動画】
■「人間の強さ、想像力の強さ、具現化する力みたいなものを感じました」(ポルノグラフィティ・新藤晴一)
 
『ラ・ラ・ランド』のデイミアン・チャゼル監督と主演ライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ待望の最新作『ファースト・マン』(原題:FIRST MAN)が、“月面着陸から50周年のアニバーサリーイヤーとなる2019年”の2月8日に公開となる。
すでに発表されている今期の賞レースにおいては、映画界最高峰の祭典となるアカデミー賞で録音賞、音響編集賞、視覚効果賞、美術賞4部門にノミネート。さらに、アカデミー賞の前哨戦として最も注目されるゴールデン・グローブ賞では、クレア・フォイが助演女優賞にノミネートされ、『ラ・ラ・ランド』に続き本作でも作曲を担当したジャスティン・ハーウィッツが作曲賞を受賞したほか、北米最大の映画批評家賞、放送映画批評家賞が実施するクリティクスチョイスでは作曲賞と編集賞の2部門、サテライト賞でも作曲賞を受賞。さらに先日発表された英国アカデミー賞では助演女優賞ほか、脚色賞など7部門でノミネート。第22回ハリウッド映画賞では監督賞、編集賞、作曲賞ほかワシントンDC映画批評家協会賞を始め全米各地の映画批評家賞で様々受賞するなどますます注目を浴びている。

ひと足先に開催された試写会では、観客から98%の満足度を獲得し、

「冒頭からアームストロングの飛行訓練、ものすごい轟音と振動。月着陸を疑似体験できたというのを実感。心に響く良い映画だった。友人、家族、知り合い全員に伝えたい!」
「当時の技術力で月へ行くことがいかに危険だったか、困難だったかを知ることができた。しかし乗り越えようとする宇宙飛行士たちの意志の強さ、思いに心打たれました!」
「月へのハッチが開いて無音になったシーンは、自分が月面に出て行くような感覚に引き込まれて、鳥肌が立った!」
「最後の月面での行動は、家族や仲間の犠牲や死からやっと解放されたニールの想いが痛いほど伝わってきて感動した」

といった高評価のコメントで溢れ返っている。

■著名人から絶賛コメントが到着!
そしてこのたび、ポルノグラフィティの新藤晴一、山崎直子、小山宙哉らが本作の魅力を語る特別映像が公開。さらには、マーク・アームストロング、町山智浩、宇野維正といったそうそうたる著名人からも絶賛コメントが到着した。

人類で初めての月面着陸に成功したアポロ11号船長、ニール・アームストロングの苦悩と壮絶な人生を臨場感溢れる映像で描き出す本作。

実際に宇宙の旅を経験したことのある宇宙飛行士の山崎直子氏は「感動するところ、共感するところが多々あって本当に見入ってしまいました。過酷な宇宙の状況と、日常のごくありふれた景色の対比がとてもリアルだなと思いました。家族の大変さや“想い”というものをこの映画を通してぜひ感じていただきたいと思います」と命懸けのミッションに身を投じた当人ならではのコメントを寄せ、大人気漫画『宇宙兄弟』の原作者・小山宙哉氏は「宇宙に行った気分になれましたね。音とか臨場感がすごくて、体感型の映画だと思います。宇宙への夢と憧れとフロンティア精神は、時代が変わっても変わらない。『宇宙兄弟』の作品の中でも、月という壮大な現場で、家族とか自分の中にある大切なものを思い出すというのは共感した部分ですね」と本作との間に見出した共通点を熱弁している。

そして、大ヒット曲「アポロ」でメジャーデビューを果たしたポルノグラフィティのギタリストでミュージシャンの新藤晴一は「見上げるしかなかった月に、本気で行こうと考えてた人がいるという、ひとつの人間の強さ、想像力の強さ、具現化する力みたいなものを感じました。音楽はすごい印象的で、喜びとか不安とか葛藤がひとつのサウンドトラックの曲の中で入り混じっていったり、入れ替わっていったり。やっぱり監督ならではと思いましたね」と本作への熱い想いを明かしている。

さらには、主人公ニール・アームストロング船長の次男であるマーク・アームストロングや、映画評論家の町山智浩、音楽評論家の宇野維正といったそうそうたる著名人もコメントを寄せている。

本作で描かれるニールの壮絶な人生と、まるで自らも宇宙飛行士の一員となったかのような臨場感溢れる映像体験にますます期待は高まるばかりだ。

■マーク・アームストロング(ニール・アームストロング次男)コメント
1969年の当時を巧妙に描いていて素晴らしい出来だと思います。月面着陸が、どのくらい大変なことだったのかを、この映画を観て理解してほしいです。そして、何か善行を成し遂げるときには、多くの努力、忍耐、献身が必要ということ。これは父が私に残してくれた財産でもあり、若い世代にも理解してもらいたいことです。

■町山智浩(映画評論家)コメント
CGなしのフィルム撮影、アナログシンセやテルミンによる音楽で、1969年のリアルに迫る。これは映画というより、もはや“体験”だ!

■宇野維正(映画・音楽ジャーナリスト)コメント
これまでのどの作品とも似ていないデイミアン・チャゼル作品。これまでのどの作品でも見せたことがないライアン・ゴズリングの静かな名演。つまり、全映画ファン必見!









 æ˜ ç”»æƒ…å ±
『ファースト・マン』
2月8日(金)全国ロードショー
監督/製作:デイミアン・チャゼル
製作総指揮:スティーヴン・スピルバーグ、アダム・メリムズ、ショジュ・シンガー
脚本:ジョシュ・シンガー
出演:ライアン・ゴズリング、クレア・フォイ、カイル・チャンドラー ほか
配給宣伝:東宝東和

(C)Universal Pictures
(C)2018 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED.

掲載:M-ON! Press
(出典 news.nicovideo.jp)