👇【詳細記事・画像】

元プロ野球選手で野球評論家・桑田真澄氏の次男でモデルのMattが、日帰りで京都を訪れたとインスタグラムに報告した。いつものように舞妓との楽しい食事会だったそうだが、この日は特別な催しがあったという。
 Mattは過去に出演したバラエティ番組で、浮世離れした学生時代のエピソードを語っている。現役時代の桑田真澄氏は、子ども達との会話の時間を確保するために可能な限り学校までベンツで送り迎えをし、校門の前でMattを降ろさず校舎に車を横付けにしていた。高校生になって初めて電車に乗ることになったMattは、最初のうち往復2万円をかけてタクシーで通っていたという。お小遣いは現金ではなく、クレジットカードの家族カードだったそうだ。

そんなMattが4日の『Matt mattkuwata_official2018 Instagram』で、「今日はいつも通りの楽しいお食事会かなぁ~? と思いきや」「笑いすぎて腹筋痛かった」と記している。この日は「節分お化け」という厄払いの行事があり、芸妓らは男装などの趣向をこらした仮装をして唄や踊りを披露したという。Mattは「#白さ負けた~」と少し悔しそうだが、食事やワイン、シャンパンも美味しかった―と満足そうだ。

フォロワーからは「みんな美白で美しいです」「Mattさんの舞妓さん姿を見てみたい」「舞妓さんとお酒を飲むなんて贅沢」との声や、「節分お化け」という行事をMattのおかげで知ったという声も見受けられた。

画像は『Matt 2019年2月4日付Instagram「舞妓さんと 楽しいお食事会でした」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび)

(出典 news.nicovideo.jp)