👇【詳細記事・動画】

DCコミックスの『SHAZAM!』を原作とした映画『シャザム!(仮)』2019年4月19日(金)に日本で公開されることが決定した。

(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

(C)2019 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.

『SHAZAM!』は、スーパーマンやバットマン、ワンダーウーマンで知られるDCコミックス社のコミック。ある日魔術師に、ヒーローとして選ばれた少年・ビリーが、スーパーマンに匹敵する強さを持つ“シャザム”として活躍する姿を描いた作品だ。ビリーは、「シャザム」という呪文を唱えると、「SHAZAM」の頭文字になぞらえたスーパーパワー、S=ソロモンの知力、H=ヘラクラスの強さ、A=アトラスのスタミナ、Z=ゼウスのパワー、A=アキレスの勇気、M=マーキューリーの飛行力を得て、筋骨隆々とした青年の姿に変身する。

解禁された日本版特報では、ビリーがヒーローに選ばれ、軽いノリで超人的な活躍する姿が収められている。「ボク、スーパーヒーローです!」とハイテンションで街の人々に自分の存在をアピールしつつ、すれ違う通行人のスマホを“電撃”で充電したり、強盗が放った弾丸を弾き飛ばすようすが描かれている。外見のゴツさと、コドモらしいピュアな言動のちぐはぐさに注目だ。『シャザム!(仮)』は、『ワンダーウーマン』などと同じ世界を背景に展開しつつ、これまでの暗いDCユニバースの雰囲気とは、一線を画すテイストで製作されているようだ。

主人公のシャザムを演じるのは、海外ドラマ『CHUCK/チャック』シリーズのザッカリー・リーヴァイ。少年ビリー・バットソン役でアッシャー・エンジェル、ヴィランのドクター・サディアス・シバナ役で映画『キングスマン』シリーズのマーク・ストロング、ビリーの親友・フレディ役で『IT/イット“それ”が見えたら、終わり。』のジャック・ディラン・グレイザーが出演。メガホンを、『アナベル 死霊人形の誕生』のデヴィッド・F・サンドバーグ監督がとっている。

『シャザム!(仮)』は2019年4月19日(金)全国公開。

(出典 news.nicovideo.jp)