👇【詳細記事】

いよいよきょう12月3日に、年末の風物詩の1つである「『現代用語の基礎知識』選 2018ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンと年間大賞が発表される。

芸能、文化、スポーツ、政治、社会といったさまざまなジャンルから30語がノミネートされ、本番は有識者の審査員が選出するが、一般の人たちはどれが「流行した」と実感しているのか。マイナビニュース会員4,554人へのアンケート調査では、「そだねー」が1位に選ばれた。
マイナビニュース会員に聞いた「最も流行語大賞に近いと思う言葉」

「そだねー」は、平昌五輪のカーリング女子日本代表が競技中に発していた言葉で、2位にダブルスコアを付ける1,134票を獲得。自由記述で理由を聞くと、「日常会話で使いやすいので親しみやすいと思うから」(54歳女性)、「当時は毎日言ってしまっていました。今でもたまに言ってます」(52歳女性)という実用性の高さのほか、「マイナスのものよりあたたかくやわらかい前向きな言葉がいい」(43歳男性)、「せめてほっこりする言葉が大賞だといいなと思ったので」(42歳女性)と、明るい言葉を選んでほしいという願望も相次いだ。

2位の「(大迫)半端ないって」は、サッカーワールドカップで活躍した大迫勇也選手に対し、かつて高校サッカー選手権で対戦相手選手が発していたのが発掘された言葉。こちらにも、「1番あらゆるところで聞いたし、使用している人も多かった」(40歳女性)、「国民を喜ばせた、ポジティブな意味をもっているから」(49歳女性)と、実用性・肯定的言葉による支持理由が集中した。「そだねー」に投票にした人が、選択理由に「子供たちを含め流行が半端なかった」(65歳男性)と思わず使ってしまうことからも、いかに浸透しているかが伺える。

得票率を2ケタの乗せたのは、この2語まで。3位は、NHK『チコちゃんに叱られる!』のキャラクター・チコちゃん(木村祐一)の決めセリフ「ボーっと生きてんじゃねーよ!」が入り、「自分も生活の中で使っていて、嫌みがなくてチコちゃんがかわいいから」(51歳女性)といった意見が続出。4位も、カー娘たちによる「もぐもぐタイム」が選ばれ、5位には痛ましい事故から広まった「あおり運転」がランクインした。

なお、11月29日に発表された「Yahoo!検索大賞2018」の流行語部門賞は「大迫半端ないって」が受賞。「『現代用語の基礎知識』選 2018ユーキャン新語・流行語大賞」のトップテンと年間大賞は、12月3日17時に発表される。

●アンケート調査概要
・調査期間: 2018年11月8日~29日
・有効回答数: 4,554人(マイナビニュース会員)
・調査方法: インターネットログイン式アンケート

画像提供:マイナビニュース
(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

毎年思うがあと半月ぐらい待てんのか?


対して流行ってる感じでもないやたら政治臭いワードが選ばれるオチが見える


5位のあおり運転て流行語っていうのかよ…他もたいがいだが。


韓流ブームやな


流行ってても長くて一月程度じゃね?大賞って感じはしない


審査員が、流行らせたい言葉大賞に改名しろよ


54歳女性 52歳女性 43歳男性 42歳女性 40歳女性 49歳女性 65歳男性 ・・・若い人の意見は?


平成が終わるのを機にこれも終わらせればいいと思う。イデオロギー色が強い流行語大賞なんて新しい時代には不要。


「そだねー」は流行したとたんに「むかつく!」って意見が広まって鎮火させられちゃったからね。「半端ないって」が…かなぁ。ネットで一番見たのは「止まるんじゃねぇぞ」だったけどね。


「18連休」じゃね?


たまに流行らせたい造語が混入してるのが気になる。誰しも1度は見聞きしたものこそが流行語じゃないの?


どうせ一位は、「トリプルスリー」だの「神ってる」だのに近いワードなんだろ?


名前を変更すりゃいいのに。【流行らせたかったワード大賞】。それなら別に間違ってない。 ▼嘘を付くな、不正をするな、そんな大人がこういうズレや違和感を放置するのは社会悪… ユーキャンという会社にメリットどころか害悪だろコレ。


流行(させたい)語大賞