👇【詳細記事・画像】

2_e3

なんじゃこれは!?干上がったエイリアンか? 

海岸で怪しい形状の謎の生物の死骸が発見されたと、ニュージーランド、カンタベリーは騒然となっている。

それは爪が生えた羽らしきものを持つ奇妙な生物だ。

果たしてこの生物の正体は?

羽から爪を生やす謎生物

大きな嵐が通過したばかりの11月24日、ハンナ・マリーさんは母親とラカイアハッツの海岸を歩きながら、漂着したガラクタを集めていた。

「最初はビニールシートか何かと思いました。で、浜辺から突き出ているものを引っ張ってみたら、ビニールどころじゃないものが!」とハンナさんは話す。

少し離れたところにいたお母さんは、ハンナさんの悲鳴を耳にして、大慌てで駆けつけてきた。そして――娘よりさらに大きな悲鳴を上げた。

それはあんぐりと口を開けた正体不明の生物の死骸で、爪の生えた羽があり、また下半身らしきところからはひょろ長い腕や尻尾のようなものが伸びていた。

3_e3

image credit:Hanna Mary
「エイリアンか何かかと思いました。で、すごく興味を惹かれて。」

毒があったりしては困るので、最初触れるのはかなり躊躇したという。だが、好奇心を抑えられず、二人はそれを自宅に持ち帰ることにした。

2_e3

image credit:Hanna Mary

4_e1
image credit:Hanna Mary

5_e1
image credit:Hanna Mary

1_e5
image credit:Hanna Mary

フェイスブックでこの生物の正体を聞いてみたところ・・・

この生物の正体が気になったハンナさん。まず、近所に剥製を作っている男性に聞いてみたが、彼も確かなことは分からなかったという。

そこでハンナさんは、その男性のアドバイスに従い、フェイスブックに謎生物の写真を投稿してみた。

するとたくさんの意見が寄せられた。

ガンギエイ、もしくはニュージーランド・ラフ・スケート

一番多かった意見はガンギエイである。

かつて、ガンギエイの干物を加工し、海で捕獲された未確認生物の死体「ジェニー・ハニヴァー」としてヨーロッパの船乗りと収集家との間で売買されていたことがある。

具体的にチヒロカスベ(学名 Bathyraja abyssicola)ではという声もあった。深海に潜むガンギエイ科の仲間だ。 

しかしハンナさんによると、ガンギエイがラカイアハッツに現れるのは変だという。

そこの海岸は岩場だらけで、沖に行くと急に深くなるという構造をしているので、それが自力で泳いでくることは無理だと思われるからだ。

国立水・大気圏研究所(National Institute of Water and Atmospheric Research)のマルコム・フランシス博士によれば、死骸はガンキエイの一種で、オスのニュージーランド・ラフ・スケート(学名 Dipturus nasutus)であるという。

800px-Zearaja_nasuta_by_Gregs_e

ニュージーランド・ラフ・スケート image credit:Zearaja nasuta by Gregs

「皮膚がトゲトゲしているので、ラフ(荒い)なんて名前が付けられています。カンタベリーでは一般的ですよ」とフランシス博士は話す。

 
エイリアン!?地元民困惑。羽から角を生やした謎生物が海岸に打ち上げられる(ニュージーランド)

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

乾き物ですな


5枚目の写真がモロにエイヒレで笑った。七輪で炙って一杯やろうぜ


マリアナ海溝とか凄い深海で見れるレアだね。ニュージーランドならマリアナ海溝から吹き出す大波で流されて来たんじゃ?