👇【詳細記事】

yemeni-81175_640_e

人類史上最悪の年は何年だろう?

中世を専門とするアメリカ・ハーバード大学の歴史家マイケル・マコーミック氏にたずねたところ彼は、「西暦536年」と答えた。

それは、ペストがヨーロッパの人口を半減させた1349年でもなく、スペイン風邪の流行で5000万から1億人の犠牲者が出た1918年でもない。

日本では古墳時代にあたる。
いったい536年に、世界に何が起きていたのだろう?

―あわせて読みたい―

19世紀以降、一歩間違えば人類滅亡の危機につながっていたかもしれない10の出来事
日本が2つも!火山噴火・竜巻・巨大地震、近い将来必ず来る!と予測されている10の自然災害
自然災害・疫病・人為ミス・小惑星など、かつて地球を危機に陥れた12の事象
日本が2つも・・・ もし噴火したら世界を終わらせる可能性を秘めている、恐るべき6つの火山
デジタル化社会が抱える闇。今後テクノロジー暗黒時代に突入していくかも知れない10の理由

536年、謎の霧が太陽から光を奪う

その年、ヨーロッパ、中東、アジアの一部で謎の霧が垂れ込め、18ヶ月に渡って昼夜を問わずに暗闇にしてしまった。

「1年中、まるで月のように太陽の光から輝きが失われた」と東ローマ帝国の歴史家プロコピウスは記している。

536年の夏の気温は1.5~2.5度下がり、過去2300年間で最も寒い10年が始まった。

中国では夏に雪が降り、作物は枯れ、餓死者が出た。「降ってきた黄色い塵を手ですくい上げることができた」と『南史』に記されている。

朝鮮半島では雷が鳴り、疫病が大流行した。アイルランドには、536~539年にかけて不作が続いたという記録がある。

さらに541年、エジプトにあるローマ帝国の港町ペルシウムを腺ペストが襲った。

「ユスティニアヌスのペスト」と呼ばれるようになったそれは、とんでもない勢い蔓延し、東ローマ帝国の3~2人に1人の命を奪い、帝国の崩壊を早めた。fantasy-landscape-1481154_640_e

謎の霧の正体は大規模な噴火による火山灰だったことが判明

この暗黒時代と呼ばれる時期を覆ったミステリアスな霧の原因は、長い間謎とされてきた。

しかしマコーミック氏らがスイスにある氷河を解析した結果、その犯人は536年初めに起きたアイスランドの噴火によって、北半球中に撒き散らされた火山灰であることが分かった。

さらに540年と547年にも大きな噴火があり、これにペストの流行が追い打ちをかけたことで、ヨーロッパ全土の経済活動は640年まで停滞することになったのだ。
ashes-1867440_640_e

異常な夏の気温低下と火山噴火に関連性

1990年代の木の年輪の研究によって、540年前後の夏は異常なまでに寒かったことが明らかになって以来、その原因の究明が進められてきた。

火山が噴火すると、硫黄や蒼鉛といった物質が大気中に舞い上げられ、それがエアロゾルの幕となって日光を反射する。

気温が低下するのはこのためだ。

スイス、ベルン大学のミヒャエル・シグル氏らが、グリーンランドと南極から採取した氷のデータを年輪と比較すると、過去2500年で生じた異常な冷夏のほぼすべてで、事前に火山の噴火があったことが明らかになっている。

シグル氏らによると、535年末か536年初め、次いで540年におそらく北アメリカで生じた大規模な噴火によって、当時の日照量の低下と寒冷な気候を説明できるだろうという。
fantasy-2925250_640_e0

最新の高解像度機器で発見された火山性ガラス粒子

一方、マコーミック氏と一緒に研究をしたアメリカ・メーン大学のポール・マエフスキ氏は国際的なチームを率いて、2013年にスイスアルプスのニフェッティ峰氷河で採取した氷床コアを調査した。

それは72メートルもの氷のサンプルで、2000年分の火山灰、サハラ砂漠の砂嵐、人間の活動の痕跡が残されたものだった。

研究チームはこのサンプルを、レーザーで120ミクロン(積雪数日~数週間分に相当)単位で区分する最新の機器を用いて分析。過去2000年の間に生じた砂嵐、噴火、鉛汚染を1ヶ月の単位で明らかにした。

その結果、536年の春の氷から火山ガラスの粒子が2つ発見された。

これをX線で調べると、ヨーロッパの湖や泥炭湿原ならびにグリーンランドの氷床コアで以前発見されたものとよく一致していることが分かった。

そして、以前発見された粒子はアイスランドの火山岩と似ている。

こうした化学的な類似点は、スイスで採取された氷床コアの粒子がアイスランドの火山から飛んできたものである可能性を窺わせる。

現時点では、噴火が生じたのが北アメリカだったのか、アイスランドだったのか断定できない。

それでも、536年の風と気候が噴火の煙を南東へと流し、ヨーロッパ全土を横断し、さらにはアジアにまでいたらせたに違いないと、メーン大学のアンドレイ・クルバトフ氏は話す。

これが太陽を遮った霧の正体なのである。iStock-174994803_e

それから1世紀後、明るい兆しが見え始めるが・・・

それから数度の噴火が生じた1世紀の後、氷の記録からは明るい兆しを見ることができる――640年に大気に含まれる鉛の量が一気に増えたのだ。

銀は鉛鉱床から精錬される。つまり鉛は銀の需要が増加し、経済が復活したサインである。

その次の鉛のピークは660年で、これは新しく興った中世社会の経済に銀が大量に流れ込んだという痕跡だ。 

このことは、取引が増加するにつれて金が不足するようになり、金貨から銀貨主体の経済に変化したことを示している。

イギリス・ノッティンガム大学のクリストファー・ラヴラック氏によると、それは初めて商人階級が台頭した印であるという。

氷の記録には、それからさらに先の時代、またもや暗黒時代がやってきた痕跡も残っていた。

1349~1353年に大気中の鉛が消えてしまうのだ。

黒死病――ペストの大流行によって、経済は再び崩壊した。

人生山あり谷ありというが、人類は、ランダムに自然に試練を与えられながら、なんとか今日まで存続しているのだ。さあ、明日はどっちだ。511250dd

追記:(2018/11/26):本文の一部を修正して再送します。
References:Why 536 was ‘the worst year to be alive’/ written by hiroching / edited by parumo

全文をカラパイアで読む:
http://karapaia.com/archives/52268036.html  

こちらもオススメ!

―歴史・文化についての記事―

オランダの刑務所事情。受刑者不足で閉鎖が相次ぎ、ホテルやアパートへの改装が進む。その理由とは?
世界初。ナチス・ドイツ時代の暗号機「エニグマ」の内部3Dモデルが公開される
タイでは公共の場で学生たちのキスが禁じられているが、新たに家の中でも禁止される修正案が提出される
1930年代に開発されたアメリカの美顔計測器が恐怖以外見当たらない
カタツムリがその速さを競うだと?カタツムリ世界選手権開催 (カタツムリ出演中)

―知るの紹介記事―

あなたを敵(苦手)と思っている人に、あなたを好きにさせるには?シンプルな心理トリック「ベンジャミン・フランクリン効果」
ついに「不気味の谷」を超えたか?24時間戦える人間そっくりの人工知能(AI)がニュースキャスターになる時代に
いつ食べたいかで方法を選べる。固いアボカドをやわらかくする5つの方法
交通事故で入院中、隣人に愛犬(セラピー犬)を預けたはずが、たらい回しにされ行方不明に。ついに感動の再会。
国際宇宙ステーションで潜在的に危険な細菌が発見される
     
(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

トバ・カタストロフは?


今日の世界丸見えTVでもやってたけど、十の災いは大規模な火山の噴火が原因らしいし


中国じゃリアルヒャッハー!&マジキチ皇帝のバーゲンセールな時代の南北朝時代か。三国時代終わらせた晋がその後あっさり崩壊したのも異常気象で異民族が大量に南下したせいとか、曹操が異民族入れ過ぎたのもありそうだけど


ほう。長江流域だと梁の頃か。この異変のせいで仏教にすがる人が増えたってのもありそうかな、興味深い


536年か・・・前年の535年には、インドネシアのクラカタウが大噴火して世界的な異常気象を引き起こしているが……恐らく、追加でアイスランドの大噴火で更に酷い事になったんだろうな・・・ちなみに、この現象は現在でも起こりえる。


こういう中身がある記事だと長くても飽きないで面白いな


古代後期小氷期ってやつか。近々また小氷期になるらしいけど、かなりの被害が出るんだろうなぁ。


夏のない年の1816年とスペイン風邪と大戦の1918年もなかなか。まぁ後者はこの年で大戦は終わったとも言えるが。


カタストロフィー


そこで死んどきゃ動物たちの楽園だったろうに


学者ってすごいな・・・


弱肉強食そのままの動物の世界を楽園とかお花畑か


こんなんがちょくちょく起きてるから終末論が支持されちゃうんかね


日本じゃまだ古墳時代やってた頃に、もうヨーロッパでは経済の概念が生まれてたのか。そのわりには進歩してな・・・いや、なんでもない


こんな危険な惑星にいられるか!俺は宇宙に戻るぞ!


日本で阿蘇山が待ってるぜ!!よろしくな!!


文字さえあれば日本にも記録が残ってたんだろうけど、残念やな・・・。その時期だと、日本が朝鮮半島に進出してた頃だろ。任那・加羅が存在した時期だ。


太陽から光を奪ったって表現おかしくない?地球から光を奪ったとか太陽からの光ならわかるけどと細かいことをツッコんでみる


神の火:隕石衝突、大洪水:南極の棚氷の崩落、終わりのない冬:火山灰・・まだまだ危険はいっぱいですね


とおもったらそんなに変でもないのかな過去の人がそう表現したからそう書いたんだろうけど