2000年以降、オゾン層は10年毎に3%ずつ回復しており、北半球および中位層オゾンは2030年までに完全治癒。そこから2050年代には南半球、2060年には極地へと続き、再び地球を丸く覆うことになるのだそうです。

👇【詳細記事】

Image: FutureTimeline.net

まだまだ先ですが、頭痛のタネがひとつ解決しそうです。

最早ふた昔くらい前でしょうかね、「フロンガスの影響で穴が空いた!」と騒いでいたオゾン層。当時はブラジル辺りにデッカい穴が空いており、「紫外線の照射量が危険なレベルだ」なんて話もありましたし、それ以降は世界的にフロンガスの使用を積極的に規制していった結果、「回復の兆しがある」なんて話も聞いた記憶があります。
でも最近どうなのよ?

ですが具体的な情報を耳にする機会がなくなり、ちょっと忘れかけていた昨今。

FutureTimeline.netが、世界気象機関による最新のオゾン層破壊に関する科学的評価を紹介しました。これには国際連合環境計画、アメリカ合衆国商務省、NASA、欧州委員会も名を連ねており、絶対的な信用度があります。

その内容によりますと、1989年に施行されたモントリオール議定書の措置により、オゾン層破壊物質の長期的減少が成層圏にある高濃度オゾン帯の継続的な回復につながったことを確認しているとのこと。

2000年以降、オゾン層は10年毎に3%ずつ回復しており、北半球および中位層オゾンは2030年までに完全治癒。そこから2050年代には南半球、2060年には極地へと続き、再び地球を丸く覆うことになるのだそうです。

以前は完全回復が2075年という計算でしたが、思ったより回復が速いので繰り上がったという経緯もあるそうな。すばらしいですね。

そもそもオゾン層とは

成層圏下部にあるオゾン層は、地球の約20〜30km上空にあります。太陽の中周波紫外光(波長200nm〜315nm)の97〜99%を吸収し、有害な紫外線から地球の生命を守るバリアーの役目をしている大事なものなのです。

1976年にオゾン層が破壊されていることが発見され、オゾンホールから注ぐ紫外線が人間の皮膚がんを増加させる懸念が高まり、モントリオール議定書でフロン規制が開始されたのでした。

それ以降、フロンガスの代わりに、ハイドロフルオロカーボン(HFC)が多くの機器の冷媒として普及するようになりました。しかしTRANEによりますと、HFCはオゾン層破壊物質ではないとはいえ、二酸化炭素の100倍か 1万倍以上の大きな温室効果があることが危惧されているといいます。

ということで、2016年10月にルワンダのキガリで開催された「モントリオール議定書」の第28回締約国会議にて、HFCの段階的削減を義務化させる「キガリ改正」が2019年1月1日に発効される予定となっています。

日本を含む先進国は、2019年から削減を開始し、2036年までにHFCの生産量を2011~2013年の平均値から85%を段階的に削減することが義務付けらるようになります。
日本では

まだHFCを規制する法律がないとのこと。オゾン層完全復活の報せは人類にとって朗報ですが、別途“ストップ温暖化”を目指して来年早々に何かしらの議決があるかもしれませんね。

Source: FutureTimeline.net via UN environment
Reference:
TRANE

(出典 news.nicovideo.jp)

<Twitterの反応>                                                

Chako-黎明編-
@Humming_Tribe

朗報! オゾン層は2060年までに完全に治癒するんだって https://t.co/zj7jEMUeRi #スマートニュース

2018-11-13 06:27:33

(出典 @Humming_Tribe)

清風〔せいふう〕
@p2zRhZKbIcNX8Lt

オゾン層復活!万歳!環境問題を自由研究にしていた頃が懐かしい(^^)#SM #裏垢男子

(出典 清風〔せいふう〕 on Twitter)

2018-11-13 05:54:22

(出典 @p2zRhZKbIcNX8Lt)

hagi
@092209717

モントリオール議定書:1987年、オゾン層破壊物質の生産量と消費量の段階的な削減などを行うことが合意された。

2018-11-13 05:45:31

(出典 @092209717)

スオウ
@buffettkei

朗報! オゾン層は2060年までに完全に治癒するんだって https://t.co/3OOncekPD4すごいな。

2018-11-13 05:22:35

(出典 @buffettkei)

たなみ @yakisobakuitai
@raefu_akakese

オゾン層が2060年に完全回復するってマ?これは我らが環境ソリューション工学科にとって重大なニュースだ

2018-11-13 03:52:15

(出典 @raefu_akakese)

ようき @期間限定エアポートおじさん
@yorki02

温室効果ガスも頑張って抑えれば地球さんの自然治癒力で意外と温暖化もも治るかも//朗報! オゾン層は2060年までに完全に治癒するんだって https://t.co/L39xwSGkZv

2018-11-13 03:10:35

(出典 @yorki02)

𝓂𝑜𝓀𝓊𝓈𝒶𝓀𝓊
@mokusakurock

オゾン層って言葉自体久しぶりに聞いたわ

2018-11-13 03:06:00

(出典 @mokusakurock)

まったりななな
@mattari777ch

オゾン層回復ですか環境問題はなんだかよくわかんないですね…とりあえず -ozone- のネタ発見できたので安心しました(笑)

2018-11-13 03:02:10

(出典 @mattari777ch)

気候変動の向こう側
@Beyond_Climate

ハイドロフルオロカーボン(HFC)は高効率な温室効果ガスでもあるため、早急に排出量を削減しなければなりません。が、人口増加などに伴って今後エアコン需要の激増が見込まれるため、前途多難。⇒ 朗報! オゾン層は2060年までに完全に治… https://t.co/KRl1TQLYrx

2018-11-13 02:55:21

(出典 @Beyond_Climate)

デオデオ
@deodeo0114

オゾン層がちょっとずつ復活してるって本当かよ

2018-11-13 02:52:15

(出典 @deodeo0114)

Takahiro Kida
@Bgodfather

オゾン層って、回復するものなんだなあ。。。

2018-11-13 02:39:26

(出典 @Bgodfather)

プラナリア@11/?
@imaichi41

オゾン層回復してるんだ。すごい

2018-11-13 02:38:46

(出典 @imaichi41)

sima
@simamiko

オゾン層ー!!!

2018-11-13 02:26:19

(出典 @simamiko)

silence*
@silence_ast

朗報! オゾン層は2060年までに完全に治癒するんだって | ギズモード・ジャパン https://t.co/x1oIAPflozフロンガス(CFC)の代わりに使われているHFCの温室効果についてもちゃんと書いてる。流石。

2018-11-13 02:24:42

(出典 @silence_ast)

へもけん
@hemolabs

朗報! オゾン層は2060年までに完全に治癒するんだって: まだまだ先ですが、頭痛のタネがひとつ解決しそうです。 https://t.co/Xt7utxUKFp

2018-11-13 02:11:05

(出典 @hemolabs)

○○○
@k2t1n8s0n

オゾン層さん、回復できそうなんすか。

2018-11-13 01:49:12

(出典 @k2t1n8s0n)

bitz@実家大掃除中
@bitz_rainbow

今拡散されてるネット記事だと「2060年には完全回復」って書いてあるけど、一週間前くらいの報道だと「2060年には深刻になる前の1980年代の基準に戻る」っていう記述だから油断したらあかんね…気温もオゾン層みたいに正常値に戻らないかな~…

2018-11-13 01:39:23

(出典 @bitz_rainbow)

BlackDog
@BlackDogx2

オゾン層回復で喜べの内容だが、原因とされたフロンガスは重くて成層圏まで上がらない。根本から間違っている。紫外線とフロンの関係も怪しい。そもそもオゾンホール自体が怪しい。フロンガスと代替フロンの関係だけでも利権の陰がみえるし… https://t.co/l5ao352DAn

2018-11-13 01:37:07

(出典 @BlackDogx2)