実現するためには、色々な問題をクリアしなければなりません。
果たして日本で成功出来るのか?

(出典 image.itmedia.co.jp)

 ヤマトホールディングスは10月12日、米国のヘリコプターメーカー、Bell Helicopter(Textron傘下)と、自律飛行する輸送機を共同開発すると発表した。2020年代半ばまでに実用化する計画だ。

【その他の画像】

   Bellは、輸送用の容器(ポッド)を搭載するeVTOL(電動垂直離着陸機)の設計、開発、製造を主導する。小型機は最大7キロ、大型機は453キロの荷物を積み、時速160キロ以上で飛行するとしている。ヤマトホールディングスは、これまで培った物流業務のノウハウを生かしポッドを開発。両社は2019年8月までにデモンストレーションを行う考え。   

 Bellのスコット・ドレナン氏(イノベーション部門バイス・プレジデント)は「両社が協力することで、新しい空の輸送方法を実現し、将来の大規模物流の先例を世界に示したい」としている。
開発するeVTOLのイメージ

(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

まだデカい


かっこいい


ガチの奴だ


あのロゴを含めた全体のシルエットで吹いてしまったww


猫型にしてくれ


これが大量に空飛んでたら結構怖い


法的にどうなんだろうねこういうの


アマゾンが着々と試用から実用に移行しようとしているのに、日本じゃ運搬する機体の開発を発表、のレベル…運用開始いつになるんだろう。そのころにはリニアが動いてて、アマゾンのドローン運送の日本サービスも始まってそう。


アメリカと日本じゃ国土の広さが全然違うから日本じゃあまり意味が無い。それに台風も多いから飛べない日も多いだろうし、恐らくごく一部の地域かコケると予想する