人気アニメ「ちびまる子ちゃん」などで知られる漫画家のさくらももこさんが、8月15日に乳がんのため逝去されたことを、27日にさくらプロダクションが公表しました。享年53と早すぎる永眠でした...
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。


(出典 cdn-ak.f.st-hatena.com)

漫画家のさくらももこさんが乳がんのため2018年8月15日に死去していたことを受け、「天国で西城さんとお話しして」「奇しくも西城秀樹と同じ年に」と故・西城秀樹さんを思い出す声がツイッターなどインターネット上に続出している。

「私達の世代にとって秀樹さんは本当にスターでした」。さくらさんは西城さんの訃報に際し、ブログでそう回顧していた。

「秀樹さん、ありがとう」

西城さんが急性心不全のため亡くなったのは、18年5月16日。さくらさんは17日付の「ご冥福を御祈りします。」と題したブログで、

「秀樹さんが亡くなってしまいました。『走れ正直者』を歌っていただきとても楽しいテーマ曲になりました。私達の世代にとって秀樹さんは本当にスターでした。心から御冥福を御祈りします」

と哀悼の意を表していた。

さらに、アニメ『ちびまる子ちゃん』に登場するキャラクター「ヒデキ」の写真をアップ。「ヒデキ」のモデルが西城さんだったのは、有名な話だ。

西城さんの訃報を受けて、「ヒデキを『ちびまる子ちゃん』に登場させて」と「ヒデキ」の登場を望む声がツイッターなどに寄せられることに。すると5月27日放送回の『まる子、早めに衣替えをしたい』で、ヒデキのショットと「秀樹さん、ありがとう」というコメントが画面上に表示された。

「なんかあの世で西城秀樹に驚かれてそうだ」

それから約3カ月後、さくらさんも8月15日に乳がんのためこの世を去っていった。まるで「スター」西城さんを追いかけるような「最期」であるとして、ツイッターなどインターネット上では、

「さくらももこさん亡くなったのか...奇しくも西城秀樹と同じ年に」
「西城秀樹さんの後を追うようにさくらももこさんまで亡くなるなんて...」
「天国で西城秀樹さんと楽しくお話したり歌ったりしてくださいね」
「西城秀樹が死んだ年にさくらももこが死ぬの感慨深いというか何かを感じてしまう」
「なんかあの世で西城秀樹に驚かれてそうださくらももこさん」

などの声が続々と寄せられている。

ちなみに、アニメ『ちびまる子ちゃん』で「ヒデキ」の大ファンだったのは、主人公・まる子のお姉ちゃんだ。奇しくもお姉ちゃん役の声優だった故・水谷優子さんも16年5月、同じく乳がんのため死去しており、ツイッターでは

「水谷優子さん、西城秀樹さんといっしょに、天国で歌って踊ってください」
「水谷優子さんと西城秀樹さんとの向こうでの再会が唯一の救いだと強く思ってます」

との声もあがっている。

画像は「ちびまる子ちゃん」公式サイトから
(出典 news.nicovideo.jp)

<このニュースへのネットの反応>

小さい頃からまるちゃんを見てました。さくらさんがいなくなってしまって、寂しいですが・・・まるちゃんは続けてほしいです。ご冥福をお祈りいたしますちびまる子ちゃん大好きです♡


本当に今年は辛いことが起きすぎだよ……


小学校の教科書にも載ってたよ、ちびまる子ちゃん。だから平成生まれだけど印象が深かった。ものすごく悲しくてショックだ。ご冥福をお祈りいたします


速報をみて驚いた・・・


西城秀樹が「走れ正直者」を歌ったんだよなぁ


著名な方の訃報が最近多いですね。他の皆さんもお体を大事にして欲しいです。