フレッシュニュース

毎日新しいニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!

    👇【写真はイメージです】

    (出典 www.jscore.co.jp)
    👇【詳細記事・画像】

     世界最大の自動車市場となった中国。世界中の自動車ブランドがしのぎを削る中国市場では様々なメーカーの車を見ることができる。激しい競争が繰り広げられる中国において、日系車はエンジンの性能や品質の高さ、さらには高い耐久性などが評価され、多くの中国人に支持されている。

     中国メディアの快資訊は15日、「なぜ日系車のエンジンはこんなにも優れているのか」と疑問を投げかけつつ、中国の自動車修理工の見解として「日系車のエンジンの凄さ」について伝えている。

     記事は、中国国内で車を買う際には「ブランドで選ぶならドイツ系、エンジンで選ぶなら日系車が良い」と言われていると紹介し、それほど日系車のエンジン性能は多くの中国人が高く評価していると伝えた。では、なぜ日系車のエンジンは優れているのだろうか。

     その理由について、日本は高い金属精錬技術や金属加工技術を持っていると伝え、「エンジンは大きな金属の塊であるゆえ、精密なエンジンを高い精度で作ることができる」と主張し、これが大きな要因だと強調した。また、中国に比べ、日本のほうが車の開発の歴史が長く、これまで培ってきた基幹技術の改良を続けているため、日系車のエンジンは常に中国を上回っているのだと主張した。

     中国自動車メーカーも近年は技術力を高めていると言われる。確かに中国国産車は外見的には外資ブランドの車と遜色ない仕上がりとなっているが、年数や走行距離を重ねるに従って故障が増え、耐久性や品質の違いが顕在化すると言われている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【中国】なぜ日系車のエンジンは優れていて、中国は追いつくことすらできないのか!?】の続きを読む

    2019年1月18日(金)の気になる情報をまとめてみました!

    👇【詳細】
    ファッ!?元純烈・友井雄亮の再就職先にホスト業界が急浮上
    2019-01-18 20:00:18(6426 view)

    元純烈メンバー・友井雄亮にホスト業界が熱視線を送っているという…。


    (出典 matome.naver.jp)


    👇【詳細】
    アイドルたちを狙う「アイドルハンター軍団」の悪質すぎる手口
    2019-01-18 20:00:18(29832 view)

    口真帆さんの事件が明らかになってきたアイドルハンター軍団の存在。Z軍団と呼ばれるこのグループの悪質過ぎる手口についてご紹介します。


    (出典 matome.naver.jp)


    👇【詳細】
    客数は増えたのか?串カツ田中の「全面禁煙への審判」が下る
    2019-01-18 20:00:18(10398 view)

    串カツ田中が昨年(2018年)6月から実施している全面禁煙への審判が下りました。策は成功だったのでしょうか?


    (出典 matome.naver.jp)


    👇【詳細】
    強豪サウジと激突!日本代表の戦いは「総力戦」へ
    2019-01-18 20:00:18(3325 view)

    強敵ですが、優勝するためには乗り越えないといけない相手。頑張れニッポン!


    (出典 matome.naver.jp)


    👇【詳細】
    ZOZO前澤社長の企画をきっかけに…日本の『臓器移植』の現状を知ろう
    2019-01-18 20:00:18(44268 view)

    知ることが大切です


    (出典 matome.naver.jp)




    (出典 eiga-chirashi.jp)
    👇【詳細記事・画像・動画】

    M・ナイト・シャマラン監督が手がけた「アンブレイカブル」のその後を描く「ミスター・ガラス」(公開中)の本編映像が公開された。ブルース・ウィリスとジェームズ・マカボイの"対決"シーンを収めている。


    (出典 Youtube)

    シャマラン監督作でマカボイが主演した「スプリット」と世界観を共有する本作。ある施設に、それぞれ特殊能力を持つ3人の男が集められる。不死身の肉体と悪を感知する力を持つデヴィッド(ウィリス)、多くの人格を持つケヴィン(マカボイ)、高い知能と94回も骨折した壊れやすい肉体を持つミスター・ガラス(サミュエル・L・ジャクソン)。彼らの共通点は、自分が人間を超える存在だと信じていること。精神科医ステイプル(サラ・ポールソン)は、すべて彼らの妄想であることを証明しようとする。

    公開されたのは、ダンと、ケヴィンの人格である凶暴で超人的な"ビースト"が対決するシーン。トレードマークである緑のレインコートを着たダンが、拘束されていた少女たちを助けるところから始まり、ビーストが天井を這って登場すると、生贄(いけにえ)であった少女たちを解放したダンに対して怒りを露わにする。ビーストは大きなテーブルを軽々持ち上げ投げつけるが、ダンもテーブルを受け止めて投げ返す"怪力対決"へと展開。すさまじいパワーのぶつかり合いを経て、ダンは背後から締め付けられながらも、ビースト共々窓ガラスを突き破り建物の外へと飛び出していく。

    マカボイは、「スプリット」への出演オファー当時を振り返り「『アンブレイカブル』につながっていると、僕は知らなかったんだ。もしかしたら3部作になる可能性があることも、全く知らなかったよ。『アンブレイカブル』との接点がわかったのは、リハーサルでたっぷりと話し合いをしたときだ。そのアイデアは面白いと思い、ここからまだ先があるのかと聞いたら、『この映画が儲かったらね』と彼(シャマラン監督)は言った」と語る。

    再び多くの人格を演じたことについては「一度演じた人格をまた演じるのは問題なかった。それよりも、新たに登場する10人を作り上げることのほうだね。今作で僕は20の違う人格を演じるんだよ」とストーリーに触れ、『スプリット』の時には登場していなかった人格の登場を示唆した。
    すさまじいパワーがぶつかり合う!

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】ブルース・ウィリスとジェームズ・マカボイが怪力対決!映画「ミスター・ガラス」本編映像公開!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】

    ADIVA株式会社(本社:東京都港区赤坂  代表取締役社長:池田 元英)は、クラシカルなスタイルで人気を博しているネオレトロスクーター、プジョー・ジャンゴシリーズの「エバージョン」に、特別仕様車「ジャンゴ125エバージョンABS +(プラス)」を設定しました。2019年1月18日より、全国のプジョーモトシクル正規ディーラーにて発売開始いたします。

    【モデル説明】
    ジャンゴは、1953年に発売したプジョー初のスクーターである「S55」を現代に復刻させた、空冷125ccエンジンを搭載するネオレトロスクーターです。クラシカルなスタイルながらも、ABS、スマートフォン用電源、LEDテールランプなど、最新の装備を採用。前後セパレートで座り心地の良い大きなシートは、フランス車ならではのこだわりです。シート下にはメットインスペースを備え、タンデムでの小旅行も楽々こなします。

    ジャンゴシリーズの中でも、クリームとビビッドな色によるツートンカラーで、男女を問わず人気を博している「ジャンゴ125エバージョンABS」に、レトロテイストとクオリティを高める3つのアクセサリーを追加装備した特別仕様車が「ジャンゴ125エバージョンABS +」です。


    【特別装備】
    1.ショートスクリーン
    クロームメッキのステーにマウントされたショートスクリーンが、ライダーの胸元にあたる風や雨を防ぎます。小ぶりでシンプルな主張しすぎない形状で、ジャンゴのスタイリングを引き立てます。
    メーカー希望小売価格 : 32,184円(消費税8%を含む)

    2.フロントキャリア
    クロームメッキ仕上げのスチール製キャリア。クラシカルなイメージを強めるドレスアップ効果はもちろんのこと、書類をはさんだり、小さなバッグを取り付けたりと、実用的にも役立つ装備です。
    メーカー希望小売価格 : 32,184円(消費税8%を含む)
    3.バックレスト
    タンデムライダーの腰部をサポートし、快適性を高めます。グラブバーと一体感のあるデザインで、車両全体のフォルムを崩しません。クッション部にはホワイトステッチや型押しの「PEUGEOTロゴ」を施し、高級感のある仕上がりです。
    メーカー希望小売価格 : 21,492円(消費税8%を含む)


    【販売開始日】
    2019年1月18日

    【販売台数】
    30台

    ビタミンオレンジ 10台

    ドラゴンレッド 10台

    ディープオーシャンブルー 10台

    【メーカー希望小売価格】
    ■通常仕様


    ■特別仕様
    ジャンゴ125エバージョンABS +
    392,040円(消費税8%を含む)

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新車】【バイク】プジョー特別仕様車「ジャンゴ125エバージョンABS +」を限定発売!】の続きを読む



    (出典 taxi5.asmik-ace.co.jp)
    👇【詳細記事・画像・動画】

    人気カーアクション映画「TAXi」シリーズ最新作「TAXi ダイヤモンド・ミッション」(公開中)の本編映像が公開された。アクセル全開のタクシー"プジョー407"が豪快に空を飛ぶシーンを収めている。

    (出典 Youtube)

    抜群のドライブテクを持つスピード狂の警官マロ(フランク・ガスタンビド)と、間抜けなタクシー運転手エディ(マリク・ベンタルハ)がバディを組むシリーズ第5弾。高級車を操るイタリアの強盗団から、世界最大のダイヤモンドを守るため、時速300キロメートル超えの伝説のタクシー、プジョー407で爆走する。

    公開された映像は、ランボルギーニを乗りこなす強盗団と、マロとエディのコンビがカーチェイスを繰り広げるさまを収めている。強盗団に追い詰められピンチを迎えたマロは、プジョー407の整備士でありエディの姉・サミア(サブリナ・ウアザニ)に電話し、助言をもらうことに。彼女の言葉に従い一つのボタンを押すとプジョー407が爆走し始め、その勢いのまま崖から飛び降るとプジョー407に翼が生え、敵が待ち受ける船に向かってダイブしていく。

    「TAXi」シリーズの重要な要素の一つであるアクションシーンは、「96時間」シリーズや「トランスポーター」シリーズに携わったチームによって撮影が行われた。マロを演じ、監督も務めたガスタンビドは「彼らは『TAXi』シリーズの1~4全てにも携わっている。僕が『マルセイユで車を欄干から滑り落としたいんだ』と無茶なアイデアを告げても、すぐに新しい技術を導入した素晴らしい方法を考えてくれるんだ」と明かしている通り、劇中ではほかにもド派手なカーアクションが凝縮されている。
    プジョー407に翼が生えた!

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】プジョー407が空を飛ぶ!「TAXi」最新作、豪快なアクションシーン公開!】の続きを読む

    このページのトップヘ