フレッシュニュース

毎日最新のニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!


    👇【詳細記事・画像】


    コンチネンタルGTがフルモデルチェンジをしたことで、その登場が待たれていた新型フライングスパーがついに発表された。従来よりもさらに豪華で優雅になった内外装、そしてよりスポーティで快適になった走りなど、その進化の度合いは予想以上である。

    先日、一部の画像が公開された新型フライングスパーが、ついにその全貌を現した。第三世代となるフライングスパーは、従来よりもさらにラグジュアリーかつスポーティであり、スポーツセダンの敏捷性とリムジンの洗練性を併せ持つ、とベントレーは説明している。

    コンチネンタルGTと同様に、フロントオーバーハングを極端に短くしたデザインはスポーティな雰囲気に溢れるもの。丸目4灯のヘッドライトや流れるようなボディライン、そしてダイナミックなボディサイドのプレスラインなど、優雅さと躍動感を見事に表現したデザインは素直にカッコいいと思えるものだ。

    ボンネット先端に設置されるフライングBマスコットは新たにデザインされたもの。これはドライバーがクルマに近づくとウェルカムライトとキーレスエントリーに連動して上昇し、照明が点灯する。

    ボディサイズは全長5316mm、全幅1978mm、全高1484mmと先代とほぼ変わらないが、注目はホイールベースで、3194mmという数字は先代よりも130mmも長いのである。これはコンチネンタルGTと同様、フロントタイヤを大幅に前進させた結果だろう。これにより乗り心地や直進安定性もさらにアップしていることが想像できる。

    ホイールベースが長くなったことでハンドリング性能が低下することを補うために、ベントレーでは初採用となるAWSが搭載された。低速域ではフロントと逆位相に、高速域では同位相に後輪が操舵され、俊敏性と取り回しやすさ、そして高速での安定性を向上している。

    また空気量を60%も増やした3チャンバーのエアスプリングも新設計され、ダイナミックライドと組み合わせることでリムジンのような快適さとスポーツカーのようなハンドリング性能を両立している。

    エンジンは6LのW12気筒ツインターボで、パワーは635ps、トルクは900Nmを発揮。8速デュアルクラッチトランスミッションを組み合わせて2437kgの巨体を0-100km/h加速3.8秒で走らせる。最高速度は333km/hだ。

    駆動方式は従来通りAWDだが、新型では特に必要のない時は完全にFRとなるようになった。これでさらに自然でスポーティな走りが楽しめるようになっている。フロントへのトルク配分はドライブダイナミクスモードによって可変し、BENTLEYモードとCOMFORTモードではフロントに最大で480Nm、SPORTモードでは同じく最大で280Nmが配分されるようになっている。

    インテリアはコンチネンタルGTと同様のデザインで、極めて優雅な空間となっている。15色が用意されるシートレザー、デュアルウッドパネルなどでオーナーの好みに応じた空間を作り出すことが可能だ。後席にはタッチスクリーンが備えられ、後席のクライメートやブラインド、マッサージなどを操作できる。このタッチスクリーンはボタンひとつで簡単に取り外すことが可能だ。

    オーディオも650Wのスタンダード仕様に加えて、16スピーカー/1500Wや19スピーカー/2200W など、3種類のシステムを用意している。さらなるこだわりを持つ人には、Mulliner(マリナー)でさらに特別な1台を仕立てることも可能だ。

    新型フライングスパーは全て英国で生産され、今秋より受注を開始、2020年初頭の納車を予定しているが、日本でのデリバリー開始時期などは未定だ。

    SPECIFICATIONS
    ベントレー・フライングスパー
    ■ボディサイズ:全長5304×全幅1964×全高1488mm ホイールベース:3195mm ■車両重量:2435kg ■エンジン:W12気筒DOHCツインターボ 総排気量:5950cc 最高出力:467kW(635ps)/——rpm 最大トルク:900Nm(91.8kgm)/ ——rpm ■トランスミッション:8速DCT ■駆動方式:AWD ■サスペンション形式:F4リンク Rマルチリンク ■ブレーキ:F&Rベンチレーテッドディスク ■タイヤサイズ:F275/35ZR22 R315/30ZR22  ■0-100km/h加速:3.8秒 ■最高速度:333km/h

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【新車】ベントレー「フライングスパー」がついに登場!635馬力で最高速333km/h!】の続きを読む

    2019年6月12日(水)の気になる情報をまとめてみました!

    👇【詳細】
    いつのまに!最近発表された「Webサービスの新機能」
    2019-06-12 18:59:36(2744 view)

    (出典 matome.naver.jp)


    👇【詳細】
    えっ!っと驚く、ナイキの「ぽっちゃりマネキン」が大好評みたい
    2019-06-12 18:59:36(34710 view)

    ナイキがぽっちゃりなマネキンを店舗に置くという取り組みを行い話題になっています。


    (出典 matome.naver.jp)


    👇【詳細】
    動物虐待問題に一石を投じそうだ…マイクロチップ義務化の改正動物愛護法成立に様々な声が
    2019-06-12 18:59:36(3330 view)

    昨今増加する動物虐待に対して、犯人を厳罰化する法律が成立しました。この成立の肝はそれだけでなく、マイクロチップの義務化が含まれている点です。マイクロチップを装着しますと、万が一別れてしまっても会うことができるので魅力的といえそうで、様々な声があがっています。


    (出典 matome.naver.jp)


    👇【詳細】
    【迷惑】危険すぎる・・・深刻化している「スマホ問題」
    2019-06-12 18:59:36(984 view)

    【迷惑】危険すぎる・・・深刻化している「スマホ問題」


    (出典 matome.naver.jp)


    👇【詳細】
    ちょっと残念…ビートたけしの「熟年離婚」報道にネットから様々な声
    2019-06-12 18:59:36(31963 view)

    ついに離婚が成立…


    (出典 matome.naver.jp)


    【【まとめ】2019年6月12日(水)の気になる情報まとめ!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】


    【元記事をASCII.jpで読む】

     松屋フーズが展開する「松屋」では「回鍋肉定食」を6月18日10時から発売します。ライス、みそ汁、選べる小鉢付きで650円。肉と野菜が2倍でライス大盛または特盛が無料のW定食は1050円。

     豚肉とキャベツ、ニンジン、タマネギを鉄板で炒め、コクと甘みが感じられるというピリ辛味噌ダレをからめた、ごはんがすすむとうたうメニュー。半熟玉子、また辛めのキムチのいずれかから小鉢を選べます。

     発売を記念して、回鍋肉定食のライス大盛が無料になるサービスも7月2日10時まで実施されます。


    松屋「回鍋肉定食」夏の旨辛メニュー!
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【松屋】松屋・夏の旨辛メニュー「回鍋肉定食」6月18日(火)~発売開始!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像】


    【元記事をASCII.jpで読む】

    スターバックスは、「レモン ヨーグルト 発酵フラペチーノ」を6月19日から期間限定で発売します。Tallサイズ630円(税抜)。

     スターバックス初、3つの発酵素材を使用したフラペチーノ。

     口当たり滑らかというオリジナルのヨーグルトを使用したベースに、チーズを混ぜ込んで焼き上げたサブレ、フリーズドライにしたナチュラルチーズを合わせて、甘酒を加えたレモンカードソースで仕上げたとのこと。

     ヨーグルト、チーズ、甘酒といった発酵素材のコンビネーションが、豊かな味わいの中に爽やかさを感じる特別な一杯を織りなしているそう。味の決め手であるレモンカードソースは、甘酒がレモンの酸味をやさしく包んだ、まろやかな風味だそうです。

     販売期間は7月18日まで。ただし、なくなり次第終了。

     国内外から日本への関心が高まる昨今、日本の食文化の中で最近新たに脚光を浴びている「発酵」に着目。本商品は発酵の新たな楽しみ方をテーマに開発。飲んだ人に「発酵って面白い!」「発酵って美味しい!」といった体験をしてもらうのが狙いだとか。

     気になる一杯ではないでしょうか。


    スタバ初 発酵フラペチーノ!

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【スターバックス】スタバ初夏の新作は「レモン ヨーグルト 発酵フラペチーノ」6月19日(水)~発売開始!】の続きを読む


    👇【詳細記事・画像・動画】


     ディズニーの名作アニメを実写化した映画『アラジン』より、ヒロインの王女ジャスミンが、本作のために新たに作られた楽曲「スピーチレス~心の声」を熱唱する場面を映した本編映像が解禁された。

    (出典 Youtube)
     本作はディズニーアニメ『アラジン』を映画『シャーロック・ホームズ』シリーズなどのガイ・リッチー監督が実写化したファンタジー映画。本当の居場所を探す貧しい青年・アラジンと、新しい世界に飛び出したい王女ジャスミンの身分違いのロマンス、そして3つの願いをかなえる魔法のランプをめぐる冒険を描く。

     この映画の為に新たに制作された楽曲「スピーチレス~心の声」は、王国を乗っ取ろうと企む大臣ジャファーの罠によって幽閉されそうになるアグラバーの王女ジャスミンが、自らの信念を貫くべく衛兵の手を払いのけてソロで歌い上げる感動的で力強い楽曲だ。

     公開された映像には、本作でジャスミンを演じた女優のナオミ・スコットが、高らかに「スピーチレス~心の声」を歌い上げる映像が映し出される。衛兵に付き添われ宮殿を後にするジャスミンは、自らの心の声を歌にして叫ぶ。「私は崩れ落ちはしない。好きなだけ打ちのめせばいい」という歌詞の後、衛兵の手を振り払い「声を上げよう!口を塞がれても震えたりしない。負けない、力の限り叫べ。叫べ!」と勇ましい表情で力強く歌い上げるジャスミンの姿に胸を打たれる映像となっている。

     「スピーチレス~心の声」を生み出したのは、アニメーション版の楽曲も手掛け、アカデミー賞8回、ゴールデングローブ賞7回、グラミー賞11回など数々の受賞歴を誇るアラン・メンケンと、映画『ラ・ラ・ランド』でアカデミー賞とゴールデングローブ賞の主題歌賞ダブル受賞を果たし、『グレイテスト・ショーマン』の楽曲も担当したベンジ・パセックとジャスティン・ポールのコンビ。

     ベンジとジャスティンは「アニメーション版を改めて観かえしていた時、ジャスミンがジャファーと結婚させられようとするシーンで、ジャファーが『喜びで声も出ないようですな』とジャスミンに言うんだ。それがヒントになったんだよ」と、本作の敵役ジャファーのひと言が新曲誕生のきっかけとなったことを明かす。

     一方、今回2人とタッグを組んだアランは「私はこれまでにたくさんの曲を書いてきて、どの曲も愛しているが、我ながら驚く瞬間がある。“スピーチレス~”のデモを聴いた時言葉を失ったよ! 本当に特別な曲に仕上がったね!」と制作に携わったアラン自身さえも驚くほどの出来栄えだったことを語りながら、「ベンジとジャスティンとの仕事は最高でした! 私が曲を作り、彼らは作詞を担当していました。彼らと同じ部屋にいるだけで、私の曲作りに影響を与えるのです。彼らはポップ・チャートにずっと多く触れていますから、とても素晴らしいコラボレーションになりました」と制作秘話を明かしている。

     映画『アラジン』は公開中。

    映画『アラジン』場面写真(C)2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.
    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】実写版「アラジン」ジャスミンが力強く歌い上げる新曲「スピーチレス~心の声」本編映像公開!】の続きを読む

    このページのトップヘ