フレッシュニュース

毎日新しいニュースをお届けする、まとめブログです!芸能関係・事件・事故・スポーツ・グルメ・自動車・バイク情報など、その他その日にあったニュース全般をお届けします!



    (出典 www.alfaromeo-jp.com)  

    1 ストラト ★ :2019/01/22(火) 16:48:45.15 ID:WF1khUzd9.net

    「修業時代の優一さんは本当に礼儀正しい青年で、真面目にコツコツと靴作りを学んでいました。だから、世間を騒がせているあの人だとは信じられなくて……」

    そう語るのは、靴職人・花田優一(23)のイタリア・フィレンツェでの修業時代をよく知る人物。
    派手な私生活に加えて度重なる納期の延長、連絡をしても音信不通など、今や職人としての資質までも問われている優一。
    その被害は広がり続けている。沈痛な声で、編集部へ電話をかけてきた60代の男性・Aさんもその1人だ。

    「初めて会ったときの印象は、若いのにしっかりとした好青年そのもの。2年前に20万円を支払ってオーダーすると『完成は約1年後』と、言われて楽しみにしていました。ですが、いくら待っても連絡がこない。納期もずるずると延ばされていきました」

    優一の靴作りに不安を募らせるAさん。進捗を確かめるべく、今月上旬に都内のホテルで彼と再び対面した。

    「作業状況を事前に聞いたときは『もうちょっとで……』と言ってたのですが、結局靴は持ってきてくれなくて。理由を尋ねたら『思っているものが作れなかった』の一点張り。驚いたことに『今日はお金を持ってきました。でも、待っていただけるならこのまま作ります』と、さらなる納期延長を提案されました。今回の件で、優一さんが嘘つきなのはよくわかりました。私のように、騙された人がたくさんいるのだと思います」

    職人にあるまじき行為を繰り返す優一。靴作りの技術を教えたかつての師は、この状況をどう思うのだろうか-――。
    そこで本誌は、イタリア・フィレンツェにある工芸・デザインなどの専門学校「アカデミアリアチ」で優一を指導していたアンジェロ・インペラトリーチェさん(81)に現地取材を試みた。
    これまで沈黙を守り続けてきたアンジェロさん。だが彼を知る人物を通じて話を聞くと、初めてその重い口を開いた。

    「ユウイチのことはもちろん知っているよ。彼は2年ほど私のクラスに通って、授業を受けていたからね」

    実は、これまで優一は修業時代を振り返るたびに「工房で師匠に学んだ」と語っていた。17年3月放送の『アナザースカイ』(日本テレビ系)でも、

    「日本に帰ったけど、今でも自分はアンジェロの弟子です」

    と師弟関係を強調していた。だが、話を聞く限り、優一は工房ではなく専門学校でアンジェロさんの授業を受けただけのようだ。
    師弟関係について確認すると、“師匠”の口から次の言葉が。

    「ユウイチは私の弟子とはいえない。教師と生徒の関係だよ」

    恩師の証言で暴露された“デタラメな履歴書”。先生と生徒というアンジェロさんとの関係を、優一は“師匠と弟子”と偽っていたのだ。

    「2年や3年の修業だけで一人前になれると思うか? それは個人次第だから一概に何年修業が必要とはいえないよ。ユウイチは熱心に勉強していたが、まあ裁縫の技術に関してはもっと経験を積んだほうがいいと思う」

    優一の勤勉さについては、認めていたというアンジェロさん。

    ――納期延長を繰り返す優一さんの姿勢はどう思いますか?

    「靴作りは時間がかかるものだからね。時には納期が遅れることだって当たり前なんだ。納得のいくものを作ろうと思ったら、思ったよりも時間がかかることはあるんだよ……」

    アンジェロさんは最後まで元教え子をかばい続けた。だが、前出の修業時代をよく知る人物は言う。

    「優一さんは、自伝などでアンジェロ氏を気難しい人物として書いていますが、内面はとても優しい方。最初は師匠に無視されたというエピソードも披露していますが、そもそも教師と生徒の関係でそんなことはありません」

    幼少時代から彼を知る、元貴乃花親方・花田光司氏(46)の後援会関係者はこう語る。

    「元親方は家を空けることが多いので、基本的に育児は河野景子さん(54)に任せっぱなし。彼女は『いつでもあなたの味方よ』と優しく育ててきましたが、裏目に出てしまいました。優一さんのわがままぶりを周囲の大人が注意しても『他人が俺に指図するな』と、聞く耳を持たなかったようです」

    一連の事実確認をするべく本人へ質問状を送付したが、期日までに回答はなかった。前出の『アナザースカイ』では、

    「師匠の弟子として恥ずかしくない靴を作りたいという一心でやってますね」

    と、真剣に語っていた優一。その姿をアンジェロさんに見せる日は果たしてくるのだろうか――。

    http://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190122-00010001-jisin-ent

    ★1=2019/01/22(火) 01:01:47.20
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1548086507/


    (出典 cdn.fashionsnap.com)


    【【靴職人】花田優一、恩師が師弟関係否定!「ユウイチは弟子とはいえない...」】の続きを読む

    2018年11月、イタリアで開催されたミラノショー(EICMA)にて発表され、イメージ刷新と話題を呼んだ2019新型ホンダCB650R。その日本国内販売の詳細が正式発表されました。税込車両本体価格96万1200円にて、2019年3月15日に発売されます。

    👇【詳細記事】

    HONDA CB650R


    HONDA CB650R カラー:グラファイトブラック


    HONDA CB650R カラー:キャンディークロモスフィアレッド

    HONDA CB650R カラー:マットベータシルバーメタリック



    👇【動画】     

    (出典 Youtube) 

    【【新型車】【バイク】ホンダ・新型「CB650R」2019年3月15日発売決定!】の続きを読む


    190122_toritaru(出典 www.matsuyafoods.co.jp)
    👇【詳細記事・画像】

    【元記事をASCII.jpで読む】

    松屋は「鶏タルささみステーキ定食」を1月22日10時から発売します。650円。

    鉄板で焼いた鶏ささみ肉に黒胡椒がきいたオイスターソースと特製タルタルソースをかけて仕上げたという「鶏タルささみステーキ」の定食。にんにくも使用しており、ごはんがすすむ逸品とうたいます。

    お肉を2倍増量しライスを大盛か特盛に変更できる「W定食」は950円。また、定食にプラス40円で生野菜をポテトサラダに変更できます。

    ・鶏タルささみステーキ定食(ライス・みそ汁付)650円
    ・鶏タルささみステーキW定食(ライス・みそ汁付)950円
     ポテトサラダ(上記商品を注文の人限定)プラス40円

    発売記念として、2月5日10時までライスを無料で大盛に変更することもできます。

    鶏ささみ肉は高タンパク、低カロリーなので、タルタルのコクとバランスがよさそうですね。発売が楽しみ!

    ■「アスキーグルメ」やってます

    アスキーでは楽しいグルメ情報を配信しています。新発売のグルメネタ、オトクなキャンペーン、食いしんぼ記者の食レポなどなど。コチラのページにグルメ記事がまとまっています。ぜひ見てくださいね!

    松屋「鶏タルささみステーキ定食」

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【松屋】【新作】松屋・新作メニュー「鶏タルささみステーキ定食」本日1月22日(火)10時~発売開始!】の続きを読む



    👇【詳細記事・画像】

    2019年1月30日(水)から、全国のコメダ珈琲店で季節のシロノワール「シロノワール いちごチョコ」(800円)が期間限定で販売される。

    今回のシロノワールは、濃厚なイチゴチョコクリームをほかほかのデニッシュパンにたっぷりと塗り、さらにソフトクリームの上から果汁入りのイチゴソースをトッピング!イチゴソースの甘酸っぱさがアクセントとなり、イチゴチョコクリームの濃厚な甘さとソフトクリームのミルキーなコクをバランスよく楽しめる。

    また、花びら型のチョコレートも添えられていて、見た目もとってもキュート!バレンタイン気分も味わえそうだ。

    コメダ珈琲店で、春色のシロノワールと温かいコーヒーを楽しもう。

    「シロノワール いちごチョコ」「ミニシロノワール いちごチョコ」期間:2019年1月30日(水)~2019年3月5日(火)※数量限定のため、なくなり次第販売終了 / 場所:全国のコメダ珈琲店※一部店舗を除く / 料金:「シロノワール いちごチョコ」800円、「ミニシロノワール いちごチョコ」550円※店舗により異なる(東海ウォーカー・角優月)



    コメダでゆっくり楽しむ春色シロノワール

    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【コメダ珈琲】【新作】今度のコメダはイチゴ×イチゴ!とってもキュートな春色シロノワールが期間限定で登場!】の続きを読む



    (出典 gaga.ne.jp)
    👇【詳細記事・画像・動画】

    先日の第76回ゴールデン・グローブ賞で作品賞、助演男優賞、脚本賞と最多3部門を受賞し、第30回全米製作者組合賞(PGA)でも作品賞を受賞した、アカデミー賞の最有力候補『グリーンブック』の予告編がついに解禁された。


    (出典 Youtube)

    人種差別が色濃い1962年。粗野で無教養だけれど人間的魅力にあふれるトニー・リップ(ヴィゴ・モーテンセン)は、口のうまさと機転の良さを買われ、ホワイトハウスでも演奏したことがある黒人天才ピアニスト、ドクター・シャーリー(マハーシャラ・アリ)に、南部ツアーのための運転手兼用心棒として雇われる。偏見と差別が根強い南部でドクターが安全に旅をするために欠かせないもの、それは黒人が利用できる宿を記した旅行ガイドブック“グリーンブック”だった。

    解禁された映像は、ジャズともクラシックともジャンル分けができない独自の音楽を切り拓いたドクター・シャーリーのドラマティックなピアノで始まる。マナーの悪いトニーに苦言を呈するドクターと、そんなことはお構いなしに、斬新な方法で特大ピザを頬張り、道にゴミを放り捨てたりと自由気ままに振る舞うトニー。気まずい雰囲気で始まった、なにもかもが正反対のふたりの旅だったが、ドクターの演奏に心を打たれ一気に彼の音楽のファンになる素直なトニー。ドクターも、トニーの愛妻ドロレスへの手紙にあまりの拙さにラブレター指南をするなど、ふたりの距離は少しずつ近づいていく。

    しかし、ある事件をきっかけに口論となり、トニーが「アンタはほかの黒人と違うからな!」と裕福な生活を送るドクターを非難してしまう。それに対し、「黒人でもなく白人でもなく…どう生きるのが正解だ?」と悲痛に叫ぶドクター。演奏会ではスタンディングオベーションを受けても、レストランでは入店を拒否される。それでも「人の心を変えられると信じる」ドクターを、「アンタにしか出来ない事がある」と支えるトニー。

    ガサツなイタリア系運転手と黒人天才ピアニストの“まさかの友情”を描いた本作は、父であるトニー・リップからドクター・シャーリーとの旅の話を聞いた息子ニック・バレロンガが、プロデューサーとして映画化した“実話”である。

    8週間のツアーの終わりに、得たものとは。異なる世界に住む2人の壮大なズレに笑い、胸を熱くする感動ヒューマンドラマ『グリーンブック』は、3月1日(金)より公開。(Movie Walker・文/編集部)




    (出典 news.nicovideo.jp)

    【【映画】アカデミー賞最有力!正反対の2人が起こした奇跡の実話「グリーンブック」予告編解禁!】の続きを読む

    このページのトップヘ